スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢と現の狭間・・・。

泉鏡花の2編の戯曲。

特に『天守物語』がお気に入り。

IMG_0001_NEW_20130628192555.jpg
岩波文庫 「夜叉ケ池・天守物語」 泉鏡花/作

女童たちの歌声が響き渡り
侍女たちが露を餌に糸を垂れて釣り上げるのは秋草。

幻想的で雅やかのな冒頭のシーンはとても印象的で
異世界にすぅーっと引き寄せられます。

ここはとあるお城の天守・第五重。
住まうのは美しい天守夫人・富姫と侍女たち。

天守に隠れた白鷹を追ってやって来た
姫川図書之助と富姫の恋物語です。
この不思議な物語に浸ってみませんか?

登場人物の言葉もとてもリズミカルで美しい。
著者の名前からして優美ですよね。

(K・I)
スポンサーサイト
プロフィール

栗林書房

Author:栗林書房
近鉄奈良線河内小阪駅に3店舗展開する栗林書房です。
スタッフ一同でブログをお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。