スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふる里を想う日々の中で

栗林書房の角谷です。


人ごみに慣れることができません。

都会というだけで、自分でも理解できない不安が募ります。

いつも望郷の念が頭の片隅にしこりのように存在しています。

私は根っからの田舎者なのです。
ブログ用海

とてもくだらない理由で大阪に来ました。

大阪に来ることに決めたのは高校3年生の時。

高校生のころは、授業中にいかに寝るかという不毛な戦いを毎日教師陣と繰り広げるアホでした。

そんな不真面目な自分に大きな夢や目標などあるわけも無く、田舎でひっそりと生活したいと考えていました。

ただ、当時付き合っていた彼女が大阪に進学するということで、嫌々ながらも深く考えず、ほいほいとついていきました。


例にもれず早い時期に彼女に捨てられ、地元から大阪に来た友達のほとんどは田舎に帰り、大阪に来たことを後悔しながら何年もたちました。

大阪での生活で失ったものは数えきれません。


しかし、ここでしか得られなかったものも数えきれません。


栗林書房で得たものもその一つです。

仲間にたくさん助けてもらい、たくさん叱られて、たくさんのことを教えてもらい、不真面目だった自分が少しづつ成長して、今の自分があります。

まだまだ未熟者。

もっともっとこの場所で成長したいと強く感じています。


なぜ今でも大阪で生きるのか。

それはこの町この場所ここの仲間たちが、自分にとって新しいふるさとになったからだと思います。
ブログ用本店






スポンサーサイト
プロフィール

栗林書房

Author:栗林書房
近鉄奈良線河内小阪駅に3店舗展開する栗林書房です。
スタッフ一同でブログをお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。