スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のフェアから文庫のおすすめ

栗林書房の角谷です。

「文庫」

それは小さくとってもキュートでありながら、時にそのカラダに詰め込まれた文字のエネルギーが世界を変える。

sDRlyiuEYcqEZmv1436680233.jpg


あーかわいいよ文庫。あーすてきだよ文庫。あー力強いよ文庫。軽くて持ちやすいよ文庫。

そしてお手頃価格。こんなに安くていいのかしら(だいたい700円前後)。



今年も、夏の文庫フェアが出そろいました。

wUaInyzB42HRmIJ1436680281.jpg


そこで文庫大好きな私がフェアからおすすめの3冊を紹介します。




「キリスト教の話だって!?俺は無宗教だから興味なんてないやい。」
そこのあなた、宗教の話だからと、敬遠するのはもったいない。
読んだら価値観が変わります。
神はなぜ沈黙し続けるのか。

新潮文庫の100冊から
遠藤周作「沈黙」
CEnYEZmAnurbtqV1436680140.jpg




辛くて、苦しくて、悲しい物語は苦手。
宮部みゆきをはじめて読む、少年少女たちへ。
安心のやさしいミステリー。

カドフェスから
宮部みゆき「今夜は眠れない」
iK203Iseg9sP0hi1436680058.jpg




現在の世界情勢は、歴史の上に成り立っている。
歴史が苦手な方も、まずは現代史を池上彰のわかりやすい解説で。
教養を身に着けよう。

ナツイチから
池上彰「そうだったのか!現代史」
OT56SzZteNwRcDG1436680199.jpg

以上3点。
興味がある方はぜひ読んでみてください。

一緒に文庫本を愛でましょう!

スポンサーサイト
プロフィール

栗林書房

Author:栗林書房
近鉄奈良線河内小阪駅に3店舗展開する栗林書房です。
スタッフ一同でブログをお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。