スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見どころは人それぞれ

栗林書房の角谷です。

先日友人に誘われて、大阪文化館・天保山で開催されている、「NARUTO展」に行ってきました。

出不精なので普段は小阪からほとんど出ないのですが、一時期NARUTOにハマっていたので、テンション高めに出発。

そして会場到着。
PSZ2f84KydzgPu_1439021950.jpg

結果…

ちょっとした演出と、あとは最初から最後まで原画がずらり。

あくまで個人的な感想ですが、ハマっていたのが何年も前ということもあり、期待以上ではなくガッカリ(ファンの人ごめんなさい)。

一番残念だったのが、会場内撮影禁止だったこと。


ただガッカリだったのは私一人で、友人は最後まで真剣に見入っていました。

他の来場者も皆見入っていました。

平日の朝一からたくさんの人たちがNARUTOの原画に見入っている。

大人も子供も、男性も女性も真剣に。


一枚の原画を眺めながら、周りの人たちの真剣さを強く感じ、この一枚の絵にとんでもない価値があることに気づき鳥肌が立ちました。

一人の人間が生み出した「NARUTO」というコンテンツに世界中の人達が魅了されている。

わかっていたことですが、改めてそのことに感動しました。


普通の人はコンテンツ生み出すことすら難しい。

世界中の人達を魅了する、コンテンツを造りだす方々は偉大だと思いました。


NARUTOすごい。作者すごい。NARUTOにかかわったすべての人すごい。

なんだかんだでNARUTO展を楽しめました。


しかし、会場の近くにあったレゴのキリンは、でかくて、きもかった。
888dp1T65yWurFm1439022051.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

栗林書房

Author:栗林書房
近鉄奈良線河内小阪駅に3店舗展開する栗林書房です。
スタッフ一同でブログをお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。