FC2ブログ

サッカー日本代表:日韓戦

本の内容ばかり続いていたブログですが、今回はサッカーに関して。

サッカーの日韓戦。サッカー好きの私にとっては、たまらない試合なのです。

強豪国との試合では明らかにスター選手がスタメンを外れていたり(ある意味、必然でもあるのですが)、

格下の場合は強行スケジュールでコンディションが悪かったり。

あとはあくまでも親善試合の粋を超えないのが普通なのですが、韓国戦だけは違って、

両国ともまさに国の威信をかけた試合、どちらも死にもの狂いの戦い、ガチンコなのです。

今日はホント見ていて楽しい試合だった。

香川、本田、李、岡崎、いつのまにか「スリーシャドーズ」なんて造語まで飛び出していたが、

確かに李が前線でボールを収めていたし、シュートにもいける、あと、セカンドストライカー

に対してのくさび役としてもよかったし、何より香川と本田のシュート力、その正確さに

決定力不足なんてフレーズが懐かしくなる時代がきたか、と将来に対して非常に明るい兆しの試合、

のはずなのに何か物足りない。

「なんなんやろ、これは。」

その原因は「パク・チソンの不在」ということが判明しました。

アジアカップでは日本は韓国相手にPK勝ちでしたが、その前、ワールドカップ前の最終調整の

埼玉スタジアムで2-0、というスコア以上に叩きのめされた試合では、やはりパクチソンの

存在が大きかった。

まさに攻守の要。その上、精神的支柱でもあった彼がここにいないのは両国のパワーバランスに

大きな影響を及ぼした。日本にとってはプラスに、韓国にとってはマイナスに。

いつも韓国に漂う威圧感、怒涛のように攻められる雰囲気が今回に限っては感じられなかった。

シュートは打たれるのだが、本能的に「ヤバイ」というのがなかった。

もう戻ってはこないのかもしれないけど、あのパクチソンがトップ下で攻守の要の状態の

韓国代表に競り合って勝ってこそ、真の勝利だろうなあ、というのが今日の感想です。

きっと明日のスポーツ新聞は結果だけ見て、「あの韓国に完勝!!」とか書き立てて世論を

盛り上げるのだるうけど、絶対私のような見解の持ち主もいるはずだし、多くいて欲しい。

そんなサポーターが増えてくるときっと日本はさらに強くなると思うのです。

見ている側って、負けたら文句をいい、勝っても文句をこうして言い、ホント勝手なもんで

申し訳ない。

でも純粋なサッカーファンであれば、勝ち負けよりも、負けてもいいから「見ごたえのある試合」

を望んでいる、と私は思います。これからも、「がんばれ、ニッポン」。

きっと天国から松田直樹選手も応援してくれていることでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

栗林書房

Author:栗林書房
近鉄奈良線河内小阪駅に3店舗展開する栗林書房です。
スタッフ一同でブログをお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR